成人式Q&A

Q&A

ご成人
おめでとうございます

成人式って20歳になったら出席するものとなんとなく出席していませんか?
成人式が行われる意味や振袖を着る理由を考えたことがある人はあまりいないかもしれません。
20歳という節目で身が引き締まるような気分を味わうと共に、成人の日、成人式の由来などを知り
意義のある1日を過ごしてみませんか?

成人の日って?

一生に一度の成人式は人生で重要な節目です。冠婚葬祭の「冠」は成人式を表わしていますから、「成人になる」ということが、古くからどれだけ重要視されていたかが伺えます。現在成人の日は1月の第2月曜と制定されています。全国で地域ごとに差はあるものの、毎年1月の上旬から中旬にかけて成人式が行わ れています。しかしおめでたい事とはいえ、何故成人の日を祝日にしたのでしょうか。一説によると、戦後、物資も食料も足りない時代で一番乏しいとされていたのは「人材」でした。良い「国家」を作っていくためには、国民自身が成長していかなくてはならないと考えた当時の役人たちが、「こどもから大人になった自覚を持ってほしい」と願ってこの日を祝日にしたそうです。このように成人の日に込められた先人の想いを知ることが、成人になる第一歩なのではないでしょうか。

成人式の由来とは?

第二次世界大戦が終わった直後の1946年、埼玉県の蕨市で日本で始めての成 人式が行われました。戦後の厳しい社会情勢の中で、将来を担う若者たちを激励しようということで当時の販町が青年祭を企画し、「成年式」と呼びました。これが非常に好評で、全国的に普及させようという運動が起こり、成人の日が制定されたのです。 かつては1月15日が成人の日となっていましたが、先述のように現在は第2月曜日が成人の日になるようにカレンダーが調整されています。

古来の成人の儀式

「成人の日」自体は歴史が浅いとはいえ、それに類する通過儀礼は昔から行われていました。 男性の場合「元服」と呼ばれる儀式で、主に16歳の男子がそれまでの髪型を大人の髪型へと替えるものです。烏帽子を付けるようになるのも元服以降なので、元服の事を「烏帽子式」と呼ぶ事もあったようです。また女性の場合は元服はありませんでしたが、それとは別の「裳着」と呼ばれ る通過儀礼がありました。これは特に位の高い家柄の女性に当てはまったようですが、裳と呼ばれる腰下の着物を付けるためのものです。また、当時の女性は子供から大人になったとみなされるようになり、結婚する事もできるようになりました。さらに服だけでなく化粧をすることや、眉を剃って化粧の際に眉を書く事もこの儀式のあと許されるようになっていたようです。元服や裳着は、いわゆる上流社会の通過儀礼でしたが、一般大衆にも成人式に当たる通過儀礼があり、それが褌祝と呼ばれていました。これは、かつては褌が一人前の男性しかつけることが出来ない下着であった事 に由来しており、16歳が近づくと褌を初めて締めて、大人の仲間入りをするという儀式でした。

成人式になぜ振袖を着るの?

成人式で振袖を着るのは、江戸時代18歳になると大人になった証として袖の袂を切って振りを縫い、そこから袖丈一杯の留袖にするという風習があったことから由来すると言われています。昔は長い袖を振ることで神を呼び寄せる「魂振り」を行い、神の魂を奮い立た せていました。しかし、いつしかそれは神だけではなく、意中の人と心を通わせるために袖を振るようになったのです。そのため、振袖は人との縁・魂を呼び寄せる清らかな着物として、成人式で着 られるようになりました。また、第一礼装で改まった席に臨むことで、大人になったという自覚を持ち、親に成長の報告と感謝の気持ちを伝える意味もあります。